1. TOP
  2. グローカルアクトとは
  3. SDGsおじさん
  4. 水素がもたらす未来

水素がもたらす未来

この夏、SDGsおじさんは港区でも活動中です。

学研と市進が作った保育園&学童施設、クランテテ様で
小学1年生から4年生までの子どもたちと港区のSDGsを可視化する
アクションを起こしています。

⁡今日は第二回目。⁡赤羽橋の駅階段を登ると、目に入ってくる東京タワーと
イワタニの水素ステーション。(と、VWのショールームとガソリンスタンド)⁡

これほどわかりやすい教材はないなと交渉をして頂き、
21人の子どもたちと共に見学してきました。⁡

1人以上、立っている人、車の画像のようです
間近で見るMIRAIに大人も興奮
1人以上、アウトドアの画像のようです
水素で走るバス


MIRAI、水素で動くことは分かっていたものの、
実際には水素→電気を取り出して動いているもの。⁡

水素で動いているゴミ収集車とか、東急の水素バスとか
(たまたま充填しにきたタイミングでご好意で乗せてくださった)

⁡もうね、子どもたちの目がキラッキラで。⁡
それに負けじと小学38年生もキラッキラキラキラで(笑)

⁡技術革新がもたらす、環境負荷のないものってのを身をもって
体験してきました。⁡

戻ってからは欅の枝を使ってオリジナルSDGsバッジの切り出し作業。⁡
「かったいっ!」「これ切るの大変!」「・・・・・」(無言でノコをひく子)


⁡コンクリに囲まれてるからこそ、対局にある「アナログなもの」に
ものすごい興味を持ってくれました。⁡

1人の児童が、「ねー、SDGsおじさん、MIRAIとSDGs、何が関係してるの?」
って聞いてきてくれて。⁡そこから展示パネルに連れて行き、

「ほら、あるでしょSDGs」と伝えると、⁡5個並んだゴールを見て
「答えは一つじゃないってこと?」
「水素が使えるのはいろんなことに繋がってるってこと?」⁡と話してくれました。⁡

「そう、すごいね!よく気がついたね!」⁡2年生の児童の顔は、まるで宝物を
発見したような、見ているこちらが嬉しくなる笑顔でした。⁡

今回私が提供するのはSDGsアクションを起こしうる「きっかけ」

でもそこから何を感じ取るか、どう表現していくか、
この夏伴走させてもらいます。⁡


・・・と言いつつ、教えられることの方が本当に多いんだけれど。

\ SNSでシェアしよう! /

みんなでSDGs〜グローカルアクト〜の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

みんなでSDGs〜グローカルアクト〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

今井 雄也

今井 雄也

SDGsアクセラレーター。ビジネスと地域の暮らしを活性化させる「グローカルアクト」主宰。2030SDGsゲーム公認ファシリテーター。妻と3姉妹の父&現役アフォ男子。子どもからSDGsおじさんと呼ばれる

この人が書いた記事  記事一覧

  • 街にはSDGsが溢れている

  • MUJIとのコラボ

  • SDGs推進隊のプロモーション動画完成

  • e-bikeの衝撃

関連記事

  • 四ツ田の森でわんぱくしたお話

  • 身近な SDGs と子育て!

  • 街にはSDGsが溢れている

  • LOVEかわさき 放映内容がYoutubeで見れます。

  • 港区の子どもたちが作るSDGsマップ

  • MUJIとのコラボ