1. TOP
  2. グローカルアクトとは
  3. SDGsおじさん
  4. よくばらない。

よくばらない。

この夏、ポ○モンとまでは行かないまでも、
SDGsおじさん、いろんなところに出現しております。
(全くもってレアキャラでも何でもない)

港区にある幼児、学童保育事業を行っているクランテテ様で、
小1〜3年生対象のSDGsプログラムを実施させて頂いてまして、
今日は3回目。⁡実施した内容は2つ。⁡

SDGs大喜利ゲーム!
お題に沿って考えたものを発表していくというもの。⁡
例えば・ゴミを減らせる×アミューズメント施設・フードロスを
減らせる×文房具 とか。

⁡答えなき答えなので、みんな「うーーん、、、うん」唸りながら
作り上げてくれました。ちなみに、大人の方が頭固いので、それ以上に唸ります(笑)

⁡そのあとは、自分たちのSDGs宣言を書く時間。
17のゴールについてはサラッとしか説明はしていません。⁡
「どういう意味?」と聞かれたら答えるぐらいの感じ。⁡
どちらかと言うとですが、子どもたちが選びやすい傾向として、
1〜6番、12〜15番が多いんですね。⁡

これ何でかと言うと、環境教育は学校で取り上げられるから
意識がそこに向かいやすくなっていると、学校の先生から聞きました。
では7〜11はどうかと言うと、説明がしづらいのですとも。

⁡サラッとした説明だけで、ロゴから何を読み取るかは本人に
任せているのですが、それでも本質にぶっ込んでくる子たちは
沢山いるのは経験値としてあります、

が!

⁡それでも「うん、その通り」と何も言えなくなったのがこの写真の一言。

写真の説明はありません。
欲張らないの一言に大人が衝撃を受ける


「これを書いた理由は?」と聞くと、
「だって無駄ばっかりなんだもん。もっと簡単で良いと思うんだよね」⁡

・・・。⁡場にいた先生方も、みんなで「うーん。すごい」しか出ず(笑)
⁡伝える側としては、まずはその考えを表出することが出来たのが何より!⁡
他にも親が言っても聞かなかったのに、自宅でSDGsに繋がるものを探して、
行動するようになった、とか。⁡まだあと2回残っていますが、
子どもたちの心の種が、思っていた以上の速さで花開いてるのを実感。⁡

\ SNSでシェアしよう! /

みんなでSDGs〜グローカルアクト〜の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

みんなでSDGs〜グローカルアクト〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

今井 雄也

今井 雄也

SDGsアクセラレーター。ビジネスと地域の暮らしを活性化させる「グローカルアクト」主宰。2030SDGsゲーム公認ファシリテーター。妻と3姉妹の父&現役アフォ男子。子どもからSDGsおじさんと呼ばれる

この人が書いた記事  記事一覧

  • 街にはSDGsが溢れている

  • MUJIとのコラボ

  • SDGs推進隊のプロモーション動画完成

  • e-bikeの衝撃

関連記事

  • MUJIとのコラボ

  • 港区の子どもたちが作るSDGsマップ

  • 街にはSDGsが溢れている

  • 水素がもたらす未来

  • 身近な SDGs と子育て!

  • これからのブランディング 〜売り込まないでも売れていく〜オンライン特別講演会のお知らせ